台湾 人材紹介会社

台湾の経済状況

台湾の経済は若干上向きにあります。これは1950年代からの工業化の伸びとそれを下支えする中小企業の尽力があったからこそです。安い労働力で相手方ブランド生産(OEM)によって世界に進出してきました。近年はACERやASUSなどの大企業も見えますし、中国への投資、さらなる労働力の取り込みを行なって発展してきています。失業率はリーマンショック直後に落ち込みましたが4%台と改善してきています。(日本と同じぐらい)

 

就労ビザの取りやすさ

日本人が台湾で合法的に働く場合は就労ビザの取得が欠かせません。就労ビザ取得のためにはいくつもハードルがあります。現地企業のスポンサーを見つける必要性、会社が日本人を雇い入れる説明などです。日本語教師ならいくらかビザが取りやすい傾向はありますが、基本的には国内の雇用を守るために台湾人でも出来る仕事では雇ってもらうことは不可能といえます。

 

台湾での仕事の見つけやすさと人材紹介会社

日本語教師などと異なり、現地企業に採用してもらうのが難しい職種であれば日本で就職して台湾への赴任の求人枠を獲得するのが近道と言えます。日本人が台湾で働くには人材紹介会社を利用して斡旋してもらうのが良いでしょう。ここでは台湾向けの人材紹介会社をピックアップしていきます。

 

1)リクルートエージェント

グローバル企業の求人情報を中心に確保、人材とのマッチングを行なっているのは「リクルートエージェント」がおすすめ。この人材紹介会社はリクルート社のグローバル部門という位置づけです。人材紹介会社なのでキャリアコンサルタントと呼ばれる担当者があなたと企業のマッチングを行なってくれます。台湾への赴任の希望と、就職・転職に積極的な姿勢であたって優先的に紹介してもらえるようにしたいですね。英語力やスキル・キャリアのアピールも忘れずに。

 

≫人材紹介サイトでの相談はこちら

 

 

2)JAC Recruitment

こちらは海外にも支店がある人材紹介会社です。台湾の求人も探してもらいましょう。外国への転職のプロや、外国人エージェントが100名近く在籍しているので海外が初めてという方も安心してお任せ出来ます。

 

 

≫[台湾]人材紹介会社への登録はこちら

 

 

3)マイナビエージェントの人材紹介

マイナビエージェントといえばIT関連に特化した人材紹介会社でもあります。台湾はハイテク産業が栄え、スペシャリストを積極的に取り込もうという政策が実現してきた国ですので、IT業での転職は最も成功しやすい業界の1つです。マイナビに登録すると案内が来ます。そして本社や支店でキャリアコンサルタントと面談(自己紹介アピール兼ねて)を行い、適切な求人を探してもらえます。

 

≫マイナビエージェントはこちら

 

 

 

 

台湾での生活

台湾での一人暮らしは台湾赴任なら会社から補助や手当が出るのが当然です。給料も待遇も良いので生活に不自由はありません。貯金もでき台湾での暮らしを満喫できるでしょう。一方で、現地採用で一人暮らしするならば給与はそれほど期待できないのでワンルームマンションか、広めの物件をシェアして生活する事になるでしょう。

 

 

サブメニュー

ホーム観光地忠烈祠日台の歴史親日的日本食で働く人材バンク
Copyright (C) 台湾で働く:人材紹介会社のおすすめはココ